noon-moon’s diary

ゆるゆると

人柄

 

いつまでも降りたばかりのようなテンションで好きでいさせてくれる自担のことが好きで好きで堪らない!そんな私の自慢の自担はゆうぴーこと優斗くんです。夢中な恋だから春は現場続きだったけどまともな記録、できそうにないです。

祭り、運動会、クリエと続き、なんだか優斗くんのことを好きになってくれた人が増えたような。そんな皆に聞きたいんだけど、優斗くんの性格ってなかなか掴めなくない?

少なくとも私はそうだった。毎日優斗くんのことばかり考えてて一番好きな人として見ていきたい!と思って降りたけど、彼が何を考えてるのか分からなくなること、結構あった。

まず、らじらーの面からは明るくて素直で家族想いでちょっとおバカな男の子。でもコンサートやRの法則で人の話を聞いてる優斗くんは実に大人しそう。また、アイドルらしく笑顔でファンサービスする姿はあまり多くない。雑誌では◯◯を頑張る、ユニの名を汚さないように、って割とネガというか、らじらーでタヒャヒャって笑ってるゆうぴーとは思えなかった。逆にR'sブログやジャニーズネットではど直球のメッセージを送ってくれて、この子の担当でいて何て幸せ者なんだろうって思わせてくれる。

アイドルらしいのか、らしくないのか、明るいのか暗いのか。あと、あんなに騒がしく話すのに人見知りすると本人は言う。

優斗くんは裏表両方が多様にあって素直な子だからそれを全て晒してくれてると思うんです。その人柄に慣れるまで少しだけ戸惑ってしまったけど今はなんとなく分かってきたよ。

年齢相応(か少し幼い)な野球好きの男の子で、大人しそうに見える綺麗な顔を持ってる。夢に向かって真っ直ぐなところがアイドルらしい一方、17歳の男子だからファンに向かって直接キメキメになるのはちょっと恥ずかしい(と決めつけた)。野球少年だから同世代のJr.とはわーわー言ってすぐ打ち解けるけど先輩とは一定の距離を保ってしまう。実は気にしいというか繊細な部分も心の奥に持っていて、それでいて普段は明るい。優しいからメンバーにイエスマンと呼ばれてしまう。らじらーでの、人の意見を否定せず必ず賛同から入っていく優斗くんのスタイル、好評だよ。だから同世代のJr.には先輩からも後輩からも相談を受けるんだね。

優斗くんは天才肌の人じゃないから地道に努力を重ねてきた。それで今、ローラーもダンスもトークも全てが良い方向に伸びてきててその外見もまた大人びてきた。あ、今回のクリエではじめてちゃんとした歌声聴いた。贔屓目だけど歌、上手かったよ??

 真っ直ぐな心を持った人だから優斗くんはこれからも努力を重ねていくしもっともっとかっこいいアイドルになる。そう信じられる自担が今この瞬間も大好きです。

広告を非表示にする